結局、アンダーグラウンド

A BLACK BOX
PETER HAMMILL
1980


b0096724_12195397.jpg


この作品から始まったニュー・ウェーブ的なアプローチは
初のソロライブである「Margin」で総括される。
とはいっても、ライブはそのバックにほとんどVDGGと
変わらない面子で構成されたKグループを従えている。

さて、この作品は淡々とすすんでゆく。
時にはやや語気が強まるけれど、
扇情的でもなければ、陰鬱でもない。
同時代的なニュー・ウェーブ作品との最大の違いは
「年季の入った混沌」だろうか(w)
難解さが板についている、とも言える。
しかし、リアリティというか、説得力が違うのだ。
この人、デビューから全くぶれがない。
それでもって、数々のアプローチが小手先に終わってない。

結局俺は何が言いたいんだ?
まったくもう、彼の声にやられている・・・・
普通に聞けば、おっさんの地味声でしか無いんだけどね。

この80年代前半はとくに熱心にライブを行っていたらしく、
かなりの量のブートが出ている。
というか、学生時代にブートを買うとほとんどがこの時期のライブ。
なので、私もこのへんに非常に馴染みが深い♪
[PR]
by bow1965 | 2009-11-01 12:34 | 〜80年代 英国のロック
<< 人に歴史あり 澄んだ禍 >>