人に歴史あり

ピンクの心
野宮真貴
1981


b0096724_1120063.jpg



さて、彼女のデヴューがハルメンズだったのは有名な話だが、
いまだにもって私はこの「お散歩」が彼女のベストチューンだと思ってます、はい。
女王様然とピチカートに君臨し、ふてぶてしいまでに堂々と歌う彼女もきらいじゃないけど、
この、初々しい頃の彼女のほうが好き。好きったら好き♪

バックがムーンライダース人脈というのも嬉しい。
彼らは実験的であるけれど、他人のバックにまわると
非常に節度感のあるプロデュース/演奏を披露する。

で、なんと言っても白眉は「うさぎとわたし」でしょう。
ちょっとネオアコ風??な感じのミディアムテンポの曲。
こういう歌が彼女の声質に一番合ってると思うんだけど、
なまじ器用なだけに・・・・

昭和の名盤とまでは行かなくても、好盤だと思います。
格好いいより、かわいらしい彼女が好きなへ。
[PR]
by bow1965 | 2009-11-29 11:31 | 〜80年代 日本のロック
<< 訃報。。。。 結局、アンダーグラウンド >>