思い込み

ALBUM #1977
あがた森魚 1988

b0096724_2110958.jpg


 アナログプレイヤーが壊れてからは、ずっとしまいっぱなしになっていたこのアルバム。「君のことすきなんだ」の再発にアウトテイクがついたものだと思い込んでいたけれど、違ったようだ。二枚組の新たな作品としてリリースされている。人の記憶はあてにならない・・・


 発売元は永遠製菓で、VIVIDが販売していたもの。ライナーノーツによれば、「君のことすきなんだ」の再発にあたって担当から「あがた君の気の済む形で出していいから」と言われたとのこと。2枚組の2枚目はETUDE#1977と題された、「その頃に自宅やスタジオや旅先で録った習作」である。

b0096724_21141231.jpg


 やはり目玉はD1のふもれすく完全版。君のことすきなんだ、では時間の関係で1コーラス半で終わりだったのが、なんと11分40秒。一度ではなんやわからず、二度三度と聴くうちに、涙がこぼれた覚えがある。1988年、鬱勃たる青春のまっただ中だった私に涙させたのは、これと阿部薫の「なしくずしの死」と森田童子の「boy」の三枚だけ(爆)

追伸  松武秀樹がシンセサイザープログラミングで参加したこのアルバムは日本最初のテクノポップ(YMOデビューは1978年!)であり、あがた最後のフォークソングアルバムであるそうだ。
[PR]
by bow1965 | 2008-02-01 21:21 | 〜80年代 日本のロック
<< うたをうたう 三段落ち(w) >>