カテゴリ:その他の音楽( 41 )

うかばれない魂たちのために

PLAGUE MASS
Diamanda Galas 1991
b0096724_14522590.jpg

もはやこのジャケット写真だけでNGという方も少なくないと思いますが、現時点で女性のヴォイス・パフォーマーの最高峰の方だと思います。御歳はもうすぐ60歳。

 これはニューヨークの聖ヨハネ大聖堂におけるライブ録音です。もともとパフォーマンスの性格上、記録にとどめることが録音技術的に困難であったため、彼女の活動はほとんど媒体にのることがありませんでした。しかし80年代の後半から、デジタル録音技術の格段の進歩にともない、次第に彼女の表現も記録にとどめられることとなってきました。これはある意味その集大成のライブです。

 大聖堂のなか、重くメタリックなパーカッションとうごめくシンセサイザーにのせて、彼女の声が響きます。時にはオペラティックに叫び、あるいは呻き、朗々と語りかけます。いわゆる「怪鳥音」にちかいパフォーマンスも。

 このライブは、HIV陽性者およびエイズ患者、つまり日常生活に於いて、救急医療体制の欠如はたなにあげ、一番辛い敵意に満ちた環境、むかつくような哀れみと、生きようと努力しても無駄だと、はなから彼らの葬式を期待して患者にウソまでついて説得する環境、常に試され、取材され隔離され、じわじわと拷問され、死または大量殺戮のことのみ考えさせる環境の中で戦っている人々に捧げられています。

 彼女は弱者の代弁者であり、形骸化した宗教者や権威者への批判者でもあります。もちろん、その過激なパフォーマンス故、宗教関係者や政治関係者からの批判も少なくなく治安紊乱行為・宗教儀式混乱罪で逮捕されたこともあります。

 彼女は大聖堂の中で、燭台の明かりに照らされながら、半裸で全身血糊にまみれ、二本のマイクを手に歩き回り、這いずり回り、思うがままに振る舞います。プリセットされた音楽は不吉な緊張感と切迫感を煽り、そのパフォーマンスは悪魔的とさえ形容されています。彼女は常に差別されたものや弱者とともに、地の底で呻吟しているのです。祭壇につばを吐きかけるように絶叫し、偽善者を高みから引きずりおろすために呻く。そして彼女が一貫して求めるものは苦悩からの解放であり、抑圧からの解放なのかもしれません。
b0096724_1844518.jpg

最近の彼女は、こんな感じらしいです。
b0096724_1854284.jpg


私が聴き始めた頃はこんな感じでした。
b0096724_1864154.jpg


かつては、こんな感じだった??
b0096724_1871519.jpg

[PR]
by bow1965 | 2006-05-28 15:43 | その他の音楽