<   2009年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

それはまぼろし・・・(訂正あり)

control
John St. Field (Jackie Leven) 1972

b0096724_16462684.jpg

このアルバムには随分と悩まされた。あちこちのレヴューで高く評価されているにもかかわらず、どこに行ったら現物に手が届くのか、まったく雲をつかむような話であった。今は逆になににレヴューが載っていたのか全く見つけられない(w)

一筋縄ではいかないフォーク、ドロドロのアシッド、ねじくれたセンスといった先入観だけが、私に深く刻み込まれていったのは言うまでもない(w)なんせ1972年だから、いわゆるイギリスのフォークリヴァイヴァルも盛んな時期であるはずだが、全くその流れに乗ってきていなさそうなのは間違いない。

幻のアルバムについに先日めぐりあうことができた。アマゾンで(w)通販でしかも漱石一枚でこんなのが買えるなんて、どこか間違っているぞ♪

聞いてみるといがいに芯の太い、腰の据わったフォークだった。それどころか、アシッド臭さは無い!いい具合でロックっぽくドライブしてたり、格好よくフォーキーだったりする。そう、アシッドとかがどこか女々しい(差別的な表現ですいません)のに対して、非常に男らしいフォークである♪様々なアレンジと音楽的アプローチで、繰り返し聞いても全く飽きのこないアルバムに仕上がっている。幻の名盤に名盤なしということわざがあるが、やっぱり幻の名盤に名盤はあるのだ!

ところで、現在活動しているJakie Levenは同一人物なのかな??大謎だ
[PR]
by bow1965 | 2009-04-05 17:18 | 〜80年代 英国のフォーク